オイリー肌 サプリメント

オイリー肌におすすめのサプリメントは!?

 

サプリメント

 

サプリメントにも色々な種類があって、配合されている栄養素は様々です。

 

その中から自分に合った栄養素が配合されていて、オイリー肌の原因にアプローチできるものを紹介します。

 

サプリメントの紹介前にオイリー肌が誤解しがちな間違ったサプリメントを解説します。

 

ビタミンCの摂取は関係ない

 

ビタミンC

 

「ビタミンCを摂取すればオイリー肌が治る!」

 

これはありがちな間違いです。

 

もちろん、ビタミンC自体に皮脂分泌抑制の効果があるのは間違いありません。

 

 

ビタミンCが皮膚に到達して、効果を発揮できれば皮脂は抑制されます。

 

しかし、このビタミンCという成分は壊れやすいのが特徴です。

 

野菜やサプリメントでとっても、ほとんどのビタミンCが壊れてしまいます。

 

 

しかも、生き残ったビタミンCは3時間後には尿としては排出されます。

 

ビタミンCを摂取したとしても、皮膚に到達してくれるのは1%以下です。

 

つまり、ビタミンCを飲む(食べる)ことでオイリー肌を改善しようというのはめちゃくちゃ効率が悪いと言えます。

 

 

ビタミンCを使うなら塗った方が早い

 

ビーグレンCセラム

 

もし、オイリー肌にビタミンCを使いたいというのであれば、サプリよりも美容液を使った方が間違いなく良いです。

 

先ほども言ったようにサプリや野菜、フルーツで摂取しても、皮膚にはほとんど行き届きません。

 

 

しかし、直接塗ることで20倍以上の効果があるとされています。

 

化粧品に配合されているのは、壊れにくく浸透しやすくしたビタミンC誘導体です。

 

 

当サイトではビタミンC誘導体を配合した化粧品として「シーボディVCシリーズ」と「ビーグレンCセラム」を推奨しています。

 

 

シーボディはビタミンCに特化した化粧品で、コスパがなかなか良いです。

 

ビーグレンは特許技術を使ったサイエンスコスメで、浸透力に期待できます。

 

 

どちらもビタミンCを配合した化粧品なので、一度検討してみる価値ありです。

 

 

シーボディVCシリーズの公式ページを見てみる

ビーグレンニキビケアプログラムの公式ページを見てみる

 

 

インナードライなら根本から治すのが良い

 

ビタミンCをおすすめしましたが、これはその場しのぎでしかありません。

 

根本的な原因を治しているわけではないので、オイリー肌を治したいと考えている方には合っていないです。

 

 

ただ、遺伝的なオイリー肌を治すのは専門機関で無ければ難しいと思います。

 

その場合は皮膚科へ相談に行くことを推奨します。

 

しかし、インナードライで肌内部が乾燥している場合は肌内部の乾燥を改善することで治すことができます。

 

 

肌内部でうるおいの元になっているのは?

 

肌の中が乾燥していると言いましたが、逆にうるおいを保っているものはなんなのでしょうか?

 

答えは”コラーゲン”です。

 

 

美容に詳しい方ならご存知のコラーゲンは生まれた時から死ぬまで減り続けます。

 

20代ではまだほとんど減っていないコラーゲンもそこから激減して、40代で50%になります。

 

 

「コラーゲンサプリやコラーゲンが多く含まれる食べ物を食べれば良い!」

 


そう考えている方が多くありませんが、コラーゲンそのものを食べていては意味がありません。

 

消化していく過程でアミノ酸に分解され、コラーゲンが作り出される量は微量でしかないです。

 

 

そこでおすすめしたいのがコラーゲンではなく、体の中でコラーゲンを作り出す成分を摂ることです。

 

コラーゲンを作り出すのに必要な成分は3種類あります。

 

 

  • リジン
  • プロリン
  • ビタミンC

 

 

この3種類によって合成されます。

 

で、このコラーゲンサプリではなく、コラーゲンを”作り出す”サプリメントにコラファクト87000というものがあります。

 

インナードライに悩むなら、このサプリメントをおすすめします。

 

 

オイリー肌におすすめのサプリが”コラファクト87000”

 

コラファクト87000

 

オイリー肌というよりはインナードライ肌ということですが、コラファクト87000をおすすめします。

 

このサプリはコラーゲンを作り出すのに特化したサプリになります。

 

 

元々はアンチエイジングのためだと思われますが、肌内部の乾燥にも期待できそうです。

 

しかも配合量が多いのが特徴で、コラーゲンを作り出す成分やそれをサポートする成分がまとめて配合されています。

 

 

唯一デメリットとして、1日10粒という量を飲まなければならないというのが挙げられます。

 

1ヶ月300粒あるということで、他のサプリメントよりもかなり多くなっています。

 

 

毎日この量を飲むのはきつそうですが、効果は実感しやすくなります。

 

べたつく毎日を脱却するためにも一度試してみる価値はありそうです。

 

コラファクト87000の公式ページを見てみる

 

まとめ

 

オイリー肌にビタミンCのサプリはおすすめできません。

 

ビタミンCを摂るなら、塗った方が明らかに効率的です。

 

実際、ビタミンC誘導体を配合した美容液はあります。

 

 

また、インナードライに悩まされている人はコラファクト87000というコラーゲンを合成する成分が配合されたサプリメントをおすすめします。

 

コラーゲンサプリを摂るよりも効率的で、確実に期待できます。

 

脂性肌に悩んでいるなら一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

関連ページ

洗顔料
化粧水
漢方薬