オイリー肌 ストレス

オイリー肌とストレスの関係!ストレスは皮脂の分泌を高める?

 

ストレス

 

今回はオイリー肌とストレスの関係について説明します。

 

オイリー肌の原因は複数ありますが、ストレスはその中のひとつです。

 

経験があるという方も多いとは思いますが、人はストレスを感じると皮脂の分泌が多くなります。

 

 

その他にもニキビができやすくなったり、シミができやすくなったりと肌に良いことはありません。

 

そんなストレスがどのように皮脂の分泌を高めているのかをまとめていきます。

 

 

ストレスから脂性になる流れ

 

脂性

 

皮脂は手のひらと足の裏以外の部位から分泌されます。

 

ただ、その中でも顔は皮脂腺が発達している部位なので、テカテカしやすくなっています。

 

 

ちなみに言うと、皮脂腺に対して汗腺が小さい傾向にあるのでニキビが出来やすいです。

 

そんな皮脂は、皮脂腺が何らかの刺激を受けると分泌されます。

 

 

  • ホルモンバランスの乱れ(成長ホルモンや黄体ホルモン)
  • 間違ったスキンケア
  • 食生活の乱れ

 

 

様々な影響で皮脂の分泌は高まります。

 

そこにストレスの影響が加わると、ホルモンバランスが乱されます。

 

 

ストレスがかかると自立神経が過剰に働くようになり、その結果交感神経まで働くようになります。

 

交感神経が活発化すると、男性ホルモンの生成を促進させます。

 

 

そして、男性ホルモンは皮脂の分泌を促します。

 

上で書いたホルモンバランスの乱れというやつです。

 

 

ストレス⇒自律神経が活発⇒交感神経も活発⇒男性ホルモンを生成⇒皮脂の分泌

 

 

ストレスから皮脂が分泌される流れとしてはこんな感じです。

 

細かく言えばもっとありますが、おおまかに言うとこうなります。

 

ストレスは間接的になりますが、大きな原因のひとつと言っていいと考えています。

 

 

ストレスを解消でオイリー肌を治す?5つの方法

 

ストレスからオイリー肌になる流れをまとめました。

 

その解決方法として、ストレス解消法とオイリー肌を改善する方法を考えていきます。

 

 

  1. 泣く
  2. 瞑想
  3. 軽い運動
  4. スキンケアと洗顔料を改める
  5. ビタミンC配合の化粧水を検討する

 

この5つを見ていきます。

 

 

1.泣く

 

泣くというのは、有名なストレス解消法だと知っていましたか?

 

ストレスから皮脂の分泌までの間で、交感神経が活発になっています。

 

 

ストレス⇒自律神経が活発⇒交感神経も活発⇒男性ホルモンを生成⇒皮脂の分泌

 

 

この交感神経というのは身体を活発にする神経で、副交感神経は身体を休ませる神経です。

 

そして、この泣くという行動は副交感神経によって分泌されるので、ストレス解消&オイリー肌改善に役立ちます。

 

 

しかも、涙にはストレスの元となっているコルチゾールが含まれているため、ストレス軽減ができるのです。

 

科学的にも証明されているので、大泣きしてみるのもひとつの方法です。

 

 

2.瞑想

 

瞑想がストレスを軽減することは広く知られている事実です。

 

先ほどもあげたコルチゾールというストレスのホルモンが減少するという報告がされています。

 

 

心理学者の報告でも、うつ病やストレスに効果があるとしています。

 

この方法は大企業のグーグルやフェイスブックも研修で入れているほどです。

 

 

瞑想を習慣として行っている人の中には、スティーブジョブズやイチローなんかも実践しています。

 

実際にやってみると、心を落ち着いて余裕が出る感じがするのでおすすめです。

 

 

3.軽い運動

 

軽い運動をすることで、ストレスが解消されます。

 

ランニングをよくされる方はわかると思いますが、走っていても楽しく感じてくる時がありますよね。

 

それがランナーズハイと呼ばれる状態です。

 

 

これはβ-エンドルフィンという物質が幸福感や心地よさを生み出しているからです。

 

しかも、運動をしていると心を落ち着かせるセロトニンという物質も分泌されます。

 

運動はストレス解消に役立つ物質を生み出してくれるので、おすすめです。

 

 

 

4.スキンケアと洗顔料を改める

 

オイリー肌の原因には、間違ったスキンケアも含まれます。

 

よく挙げられるものだと、洗顔のやりすぎや洗浄力が強い洗顔料を使うことです。

 

 

顔には常に皮脂があります。

 

これを皮脂膜といいます。

 

洗顔のしすぎで皮脂膜が無くなると、皮脂を出して元に戻そうとします。

 

 

そうなると、皮脂腺が活発に働きだすので、テカテカになります。

 

洗顔のしすぎは、逆にオイリー肌を悪化させる要因になるので注意が必要です。

 

 

5.ビタミンC配合の化粧水を検討する

 

ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する作用があります。

 

なので、ビタミンC誘導体が配合された化粧水を使えば、皮脂の分泌を抑制することができます。

 

 

もちろん、根本的に治すわけではないので一時的なものです。

 

ただ要するにテカテカしなければいいのであれば、ビタミンC誘導体を配合しているものを使い続ければいいわけです。

 

この成分に特化した化粧品もあるので、参考にどうぞ。

 

シーボディVCシリーズの公式ページを見てみる

 

 

まとめ

 

オイリー肌とストレスは直接関係があるわけではありませんが、大元になることがあります。

 

ストレスから皮脂が分泌される流れを書きましたが、ストレスが色々なものに影響して皮脂分泌を高めていきます。

 

できるかぎり皮脂を分泌させないためにも、5つの改善法を試してみてください。